インプラント治療には2種類の手術方法がある

インプラント治療を行う歯科衛生士デンタルインプラントは技術の発展によりますます高度になっている治療法の一つですが、インプラントのメジャーな手術方法の分類の仕方として一回法と二回法にわけるというものがあります。
それぞれがメリットとデメリットを持ち合わせており、手術を受ける事前に多くはどちらが自分に適しているのか決めることになります。

一回法とは手術の回数が一度だけである手術方法を指します。
歯茎を切開し器具を埋め込み、固定され次第歯の代わりとなる被せものをします。
器具の特徴としては埋め込まれ基盤となるフィクスチャーと支台であるアバットメントが合体しているということです。

メリットとしては一度の手術で済むため二回法より時間をかけずに治療を進めることができること、手術回数および切開の回数が少ないことより患者さんへの身体的、時間的な負担が少ないことです。
また、手術後に器具が安定すればすぐに被せものをすることができるので手術とインプラントの実用の間の期間が短いことも特徴の一つです。
一方デメリットとしては顎骨に問題があるときインプラントを装着できるようにする骨再生などを行っていると感染症に感染してしまう可能性が高まってしまうことです。

こういったことから一回法は早くインプラントで噛めるようになりたい人におすすめです。
しかし感染症の感染確率が少し高くなってしまうことなどから一回法を選ぶ場合はより衛生管理が信用のできる歯医者さんでの治療をおすすめします。

これに対して二回法は二度の手術でインプラントの装着を行う方法を指します。
一度目の手術では切開を行ってフィクスチャー、歯の土台となる部分を埋め込みます。
このあと顎骨としっかり結合するまで数か月ほど待ち、アバットメントや被せものを取り付ける二度目の手術を行います。
したがって一回法と異なりフィクスチャーとアバットメントは一体化していないものを使用します。
メリットとしては感染症に感染してしまう可能性が低いこと、一回法では施術不可能なケースでも施術が可能なことがあることなどです。

一方デメリットは二度の手術で二回の切開を行うことによって身体的にも時間的も負担が大きくなってしまうことです。
一度目の手術のあとしばらくの期間をおくためインプラントを歯として使用できるまで一回法に比べとても時間がかかってしまうことです。
このように一回法と二回法では大きな違いがあり、手術を受ける際はこれらの特徴を踏まえて歯医者さんと相談することになります。