差し歯を誤解している人が多い!仕組みを理解しよう

差し歯の男性歯科治療には様々な種類がありますが、その中の一つが「差し歯」です。
これは、虫歯などの影響で歯を大幅に削らなければならなくなった場合に、歯を削った後に被せ物を被せ、見た目・歯の機能を自然の歯に近づけるというものです。
差し歯という治療を誤解している人や両者の違いが分からないという人も多いようです。

差し歯の仕組みとしては、まず、抜歯を行なうという事はありません。
歯の根っこの部分は残っており、その根っこの部分に人工的に作られた土台を入れ、被せ物の基礎とします。
そして、さらにその上に硬質レジンと呼ばれるプラスチックもしくはセラミック製の表面部分を被せていくという事になります。
使用する素材によって、保険の対象となる場合もあれば、ならない場合もあります。
いずれも、土台となる部分は金属製であることが多く、しっかりと固定されていますので、簡単に外れるということはありません。

前歯を差し歯に使用する場合、保険が適用される場合もあれば、されない場合もあります。
保険が適用される治療法は変色しやすい、隙間が出来やすく虫歯になってしまう可能性がある、歯の根っこが折れてしまう可能性があるというリスクがあります。
歯の根っこが折れてしまうと、元に戻すことは不可能ですので、抜歯をせざるを得なくなります。
保険の適用外となるセラミックを用いた土台では、柔軟性があるため、根っこが折れてしまう事を防ぐ仕組みとなっています。

差し歯が何らかの原因で取れてしまったという場合、そのまま接着剤などでつければ良いという誤解をしている人もいますが、差し歯が取れた原因がかみ合わせのバランスが変わってしまった、炎症が起きているなど、口の中に原因がある場合があります。
その原因を解決しないままに、元に戻してしまうと、さらなるトラブルに見舞われる可能性があります。
出来るだけ早く、差し歯が取れた状態のまま歯科医院を受診するようにしましょう。
かかりつけ医に行くことが難しい場合には、他の歯科医院に相談をすることをおすすめします。

差し歯に使われている素材によっては、時間の経過とともに歯と歯茎の境目が黒く変色する可能性があります。
これは、虫歯になっているわけではなく、土台に金属が使用されているためにそれが変色して黒ずんでしまっているのです。
このようなことを防ぐためには、金属ではなく全ての素材にセラミックが使われているという方法を選択すると良いでしょう。